前へ
次へ

医師になるための道は大変なので計画的に取り組む

医師は、開業しやすくさらに経験を積んでいけば年棒がかなり高額になるので人気がある職業です。
そこで、医師になるための道はかなり大変なので計画的に取り組む必要があります。
一番初めの壁が医学部に合格する事であり、医学部は基本的に競争が激しく高い偏差値がなければ合格するのが難しいです。
そこで、数年かけて合格できるようなスケジュールを計画します。
1年目で合格するのが理想ですが浪人するのも珍しくないので最低でも数年ぐらいで合格出来るようにします。
2年から3年ぐらいで確実に合格出来るように予備校などを活用して自分の学力を上げます。
また、無事に医学部に合格出来たら留年せずに6年間医学部に通って無事に医師免許を取得していきます。
勉強自体難しいので、なるべく勉学に集中出来る環境にします。
また、無事に医師になっても研修生を早く卒業して一人前の医師になる事が大事なので、先輩から教わったり臨床経験をこなして日々医師として成長していく事が大事です。

Page Top