前へ
次へ

梅雨は体温調整が難しい季節なので注意

動物にはそれぞれ適切な体温があり、人間は大体37度ぐらいが良いとされています。
36度を下回ると低体温の疑いがありますし、38度を超えるようになると発熱しているので体を休めた方がいいでしょう。
体が健康な時は外の気温が何度でも体にとって適切な体温が守られるよう体の機能が働いてくれます。
寒い時はどんどん着こんだり暖房によって体温を閉じ込めるようにします。
暑い時も逆に薄着になったり冷房などを使って体温を下げようとしますが、それ以外に汗による体温調節もあります。
汗が出て蒸発をするときに気化熱で体温を奪って体温を下げようとしてくれます。
汗がうまく出る状態だと体温が維持しやすくなります。
夏の中でも梅雨の時期は湿度が高く、空気中の水分が非常に多くなっています。
この状態だと汗が出ても気化しにくいので体温が奪われず、体温が異常に高くても下げられないときがあります。
すると体調不良に陥るかもしれません。
病気の原因になるときもあるので、エアコンなどをうまく活用して生活するのが良いでしょう。

Page Top